2013年、音楽家でピアニストの久保山千可子氏率いる、音楽イヴェント“九州国際フェスティバル”のオフィシャルスポンサーにROSEヨーコが就任した際、ピアニストのステージ衣装提供と同時に、ステージでの作品ディスプレイのコラボレーションを開始。

新たな企画として、音楽とアートの融合が目的「花咲く夢企画」を立ち上げる。
兼ねてより、ROSEヨーコがステージ衣装やグッズなどの協力を行っていた、男性アーティスト3人によるユニット“JK★3”をプロ―デュース。
津軽三味線×ピアノの和洋セッション、「心の灯!リメンバ―福島」のチャリティーコンサートは、会場ホールが満席に。
売上から出た利益の73,591円を、「東日本大震災福島子供支援」に寄付。